農園から精製方法、焙煎、そして淹れ方。
こだわり抜かれたスペシャルティコーヒーを、手軽に楽しめるスタンドがあるらしい。

と聞いて向かったのが、ABOUT LIFE COFFEE BREWERS。
渋谷は道玄坂上、美味しいコーヒーのためだけの空間。

悩む注文。

メニューはざっくり、3種類。

エスプレッソベースのBLACKに、ミルクを加えたWHITE。
そして、いわゆるドリップコーヒーを指すFILTER。

豆が選べるのはFILTER、となれば一択。
メニュー
などと言ってみたものの、私だってコーヒーには、全く詳しくない。
そこはこう、イメージでなんとかなる。

ちなみに私は「苦くてもOK。ただ、酸味の少ないものを」とオーダー。

「それであれば、」と詳しく説明してくださるショップのお姉さんのおかげで、どれも魅力的に見えてきちゃって困るという贅沢。

今回は即決、グアテマラ。
このお店には、”また来ればいい”と思わせる身近さもある。

じっくりドリップ。

注文後、瓶詰めの豆を1杯分計量。
当然に挽き立てで、コーヒーショップに来たって感じだ。浮足立つ。

カウンターすぐ、目の前に並べられたドリッパーはインテリアかと思ったら、ここで淹れてくれるとのこと。
こんな近くで、なんて、嬉しい驚き。
コーヒードリッパー
ここからは、しばし待ち。

長くも短くもないこの時間。
私は、何をするでもなく、ただぼーっと、落ちてくる滴を見る。

そう。こんなに小さな滴が集まって、ようやく、1杯のコーヒーになる。
インスタントばかりで忘れてたけど、そういえばこうやって出来るものだったと思いだした。

これだけ手間暇かけたものを口にするのは、いつぶりだっけ?
自分のこと、もう少し、大切にしてあげなきゃいけない。

いただきます。

渡されたテイクアウトカップは、冷める前に美味しく飲み切れるだろうサイズ。
“あと少し”を持て余してしまう私にはちょうどいい。

蓋を開けると、凝縮された苦みが鼻を抜ける。
当たり前だけど、コーヒーだ。

手のひらから感じる、猫舌にもやさしい温度に安心して、一口。
コーヒー
チョコレートのようなナッツのような、香ばしい風味。
併せて感じる苦みと酸味は軽やか。

口に残らないから、朝の気分をスッキリさせるのにちょうど。
イメージは “早起きできた朝の、三文コーヒー”!

今日のお仕事も捗る、かもしれない。

―――――
ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(https://www.about-life.coffee/</font color>
ABOUT LIFE COFFEE BREWERS 店舗外観
営業時間 平日   8:30-20:30
土日祝日 9:00-19:00
休業日  不定休

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-8